審査委員紹介 introduction

  1. HOME
  2. 審査委員紹介

審査委員紹介

審査員の皆様をご紹介します。

審査委員長

仲道祐子

心に染み入る情感豊かな音楽性と暖かい音色を持ち味とし、聴衆に愛されるピアニスト。金原美津子、安倍紀子、故中島和彦の各氏に師事。アメリカにてシルヴィア・ミューリング氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科を卒業後渡独、クラウス・シルデ氏に師事。ミュンヘン国立音楽大学、同大学院ピアノ科及び室内楽科を卒業。ドイツを拠点にソロ活動を行う。海外で数々の国際コンクール入賞後、日本での本格的ソロ活動を始め、現在はリサイタルの他、オーケストラとの共演や室内楽をはじめ朗読とのコラボレーションなど多彩な活動を行っている。
CDは、ビクターエンタテインメント、及びオクタヴィア・レコードよりリリースしており、田中カレン作曲のこどものためのピアノ小品集「愛は風にのって」(オクタヴィア・レコード)は、レコード芸術特選盤に選ばれ、その内「戯れる春の光」が「PTNA(ピティナ)・ピアノコンペティションの課題曲にも選出された。大阪芸術大学演奏学科教授。

©武藤 章

審査委員

山本理奈

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽科卒業。ミュンヘン国立音楽大学大学院及びハノーバー国立音楽大学大学院修了。第28回フィナーレ・リグレ国際コンクールピアノ部門 優秀賞、第3回グリーグ国際ピアノコンクール ディプロマ賞及びメシアン賞受賞。2000年、2003年、2004年リサイタルを開催。ポーランド国立放送交響楽団、ルーマニア国立放送室内管弦楽団と共演。
これまで、橘純子、大下祐子、丸山恵美、米田栄子、菊池麗子、川島伸達、山崎牧子、石川正司、カール=ヘルマン・ムロンゴヴィウス、アイナー・スティーン=ネックレベルク各氏に師事。広島ドイツリート協会会員。ソロ、伴奏などの演奏活動を行う傍ら、後進の指導も行う。安田女子大学非常勤講師。

中山亮子

エリザベト音楽大学卒業。2000年よりフランス・パリに留学。パリ市立音楽院のピアノ科、室内楽科をそれぞれ満場一致の1等賞で卒業。パリ・エコールノルマル音楽院で室内楽を学び高等演奏家ディプロムを獲得。フランス各地で演奏会に出演。2005年フランスで行われたUFAM国際コンクール室内楽部門で満場一致の1等賞を受賞。帰国後、各地で演奏会に出演。現在は後進の指導にあたる。
これまでにピアノを佐藤冨起子、米田栄子、見延和美、山崎牧子、ジュヌヴィエーヴ・マルティーニ、室内楽をジュヌヴィエーヴ・マルティーニ、モニク・メルシエ、伴奏法を阿部加奈子各氏に師事。

中冨恵利子

エリザベト音楽大学器楽学科ピアノコース卒業。同大学大学院修士課程終了。在学中エリザベト国際セミナーに於いて、J.ルヴィエ氏のマスタークラスを修了。第15回中国ユース音楽コンクールピアノ部門最優秀賞受賞。これまでに小嶋素子、戸梶美穂の各氏に師事。
現在後進の指導にあたるとともに戸梶美穂氏の元で自己の研鑽を積む。

長原博美

武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。呉市や広島市の学校鑑賞会を始め、各種コンサート、セミナー等で独奏、2台のピアノ、連弾、伴奏など数多く出演。ひろしまオペラルネッサンス・オペラ伴奏法研修会に参加し、終了演奏会にも出演。
ショパンコンクール in Asia、大阪国際音楽コンクール グランドファイナル、スタインウェイピアノコンクール in Japan、べーテンピアノコンクール、日本クラシック音楽コンクール全国大会等のコンクールの審査員も数多く務める。
音楽を学ぶ優秀な方々の発表の場として「からし種コンサート」の主宰、また「被爆60年」、「あしなが」、「盲導犬育成」等のチャリティーコンサートも数多く主宰し、音楽を通じてボランティア活動を行っている。
日本クラシック音楽家協会から最優秀指導者賞、ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan より優秀指導者賞を受賞。
元広島音楽高校講師、現在ドイツリート協会会員、安田女子大学非常勤講師。

石原有希子(本選のみ)

ウィーンフィル、ベルリンフィルの首席奏者からなるアンサンブル・ウィーン=ベルリンと共演。広島交響楽団、韓国、フィリピンにてオーケストラと共演。安倍圭子国際マリンバアカデミー(NY)にてミュージックディレクターを、また海外の音楽大学でマスタークラスの指導にあたる。
2013/2015年『福島復興応援コンサート』(福島県内6ヶ所)出演。
広島女学院中学・高等学校卒業。エリザベト音楽大学卒業、同大学院修士課程を経て、同大学院博士後期課程修了、博士(音楽)学位を取得。桐朋学園大学音楽学部研究科マリンバ専攻修了。広島ジュニアマリンバアンサンブルアシスタント指導者。
マリンバを浅田三恵子、安倍圭子、打楽器を松倉利之の各氏に師事。

木原朋子(本選のみ)

エリザベト音楽大学卒業、同大学院修了。在学中ザビエル賞、セシリア賞受賞。
NHK邦楽オーディション合格。NHK邦楽のひととき、NHK新春コンサートに出演。2011年日独150周年記念コンサートにてソリストとして広島・ドイツ公演に出演。同年 World strings project より招待を受け、以後毎年ドイツ国内ツアーに参加。2012年若い芽を育てる会牛尾シズエ特別賞受賞。第19回賢順記念全国筝曲コンクール銀賞並びに福岡県知事賞受賞。2014年 Aachen Guitar Festival から招待を受け参加。2015年、KOTOプロジェクトアルバム四季のレコーディングにソリストとして抜擢され参加。ピーターアースキン、デミアンアースキン、アランパスカたちとレコーディングに参加。
現在比治山女子中学・高等学校非常勤講師、エリザベト音楽大学講師。